西川善康写真展「garden」図録 / NISHIKAWA Yoshiyasu "garden" exhibition catalog
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

西川善康写真展「garden」図録 / NISHIKAWA Yoshiyasu "garden" exhibition catalog

残り2点

¥1,000 税込

送料についてはこちら

西川善康写真展「garden」の展示作品全43点を納めた図録。写真展会場と同じ構成、順序でまとめられています。 作品は、「歩 walk」「入 entry」「窓 window」「地 ground」「奥 depth」「細 detail」「外 outside」の七つのパートで構成されています。 撮影地:京都(琵琶湖疎水、哲学の道、銀閣寺、南禅寺、南禅院、光明院、龍安寺、個人庭園)、新潟(旧齋藤家別邸)、台湾(台北、基隆、台南、高雄) This catalogue contains all 43 works from NISHIKAWA Yoshiyasu Photo Exhibition "garden". It is arranged in the same order as the exhibition. The artworks are composed of seven parts: "Walk", "Entry", "Window", "Ground", "Depth", "Detail", and "Outside". Places where taken: Kyoto (Biwako-sosui, Philosophical Road, Ginkaku-ji Temple, Nanzen-ji Temple, Nanzen-in, Komyo-in, Ryoan-ji Temple, private garden), Niigata (Saito villa), Taiwan (Taipei, Keelung, Tainan, Kaohsiung) *以下のページで図録の内容が確認いただけます / You can see all pages via via following page ≫ https://176.photos/wp/wp-content/uploads/2020/05/garden-catalog.pdf *以下のページでは展示全作品がご覧いただけます(作品番号がご確認いただけます)You can check all artworks via following website ≫ https://flic.kr/s/aHsmPsCgmE *国内への発送はクリックポスト(198円)、海外への発送は普通郵便(航空便・印刷物、500円)にて行います。 *We will ship overseas by ordinary mail (airmail, printed matter, JPY500). ─────────────── 商品詳細 出版社:私家版 発行年:2020年7月 サイズ:A5横 210×148mm ページ:32ページ(作品43点掲載) 製本:中綴じ 言語:日本語・英語・中国語(繁体字) エディション:50 その他:エディションナンバー、サイン付 価格:1,000円(税込) Product Details Publisher: private publishing Publication year: July 2020 Size: A5 210 x 148 mm Page: 32 pages (including 43 artworks) Binding: saddle stitching Languages: Japanese, English, Chinese (traditional) Edition: 50 Note: Edition number, signed Price: 1,000 yen (tax included) ─────────────── 展覧会概要 西川善康写真展「garden」 NISHIKAWA Yoshiyasu Photo Exhibition "garden" 会場:gallery 176(ギャラリー イナロク) 会期:2020年7月3日(金)〜7月14日(火) 企画:gallery 176 西川善康 展示概要:  作者西川は、写真を本格的に始める前は、造園を学び、造園設計(公園、屋外空間等)に従事していました。gallery 176 に運営メンバーとして参加後、自らの原点である造園、庭園に関連する作品をグループ展(gallery 176 再開企画「176 reborn」、台北交流展 gallery 176 写真家6人|それぞれの視点、それぞれの世界 等)及びフォトフェア(TAIWAN PHOTO 2017、TAIWAN PHOTO 2018、TAIWAN PHOTO 2019)で発表してきました。今回、これら庭園に関する作品群を、初めて個展として発表します。 作品説明:  英語の“garden”という言葉の語源は、古代ヘブライ語の防御するという意味の“gan”と、悦び(よろこび)、愉しみ(たのしみ)という意味の“eden”です。いわば、庭園(garden)とは、「安全で快適な場所」であり、「人間にとっての理想世界」をイメージさせるものです。(参考文献:進士五十八(しんじ・いそや)著「日本の庭園 」)  私は、その庭園(主に日本庭園)で、歩き回りながら写真を撮り続けています。園路をひたすら歩き、立ち止まり、再び歩く、それを繰り返します。歩くにつれて視線が移動し、視野が変わり、新たな風景が見えてきます。その途中で、見え隠れする樹々や石、苔、突然現れる水の流れなど、その場その場の風景を切り取っています。  この作品は、理想世界である庭園で、私が自らの内なる美意識を信じ、美しい、心地良いと感じて切り取った、理想的な風景の断片です。 Artwork Description: The English word ‘garden’ originates from the ancient Hebrew words ‘gan’ and ‘eden’, meaning ‘protection’ and ‘delight’ or ‘pleasure’ respectively. In the same vein, Sinji ISOYA, Doctor of Agriculture, said gardens should be a “safe and comfortable space” and something that evokes an “ideal world for humans”. (refer to “Nihon no Teien”). I shoot photos while walking around gardens (mainly Japanese gardens). I just keep walking, stop sometimes, and start walking again. I do that repeatedly. My line of sight changes constantly while walking, bringing new landscapes into my sight. Trees, stones, moss, and running water come in and out of my vision. I spontaneously capture them if they inspire my aesthetic sense. This series presents the fragments of my ideal landscape that I have captured in real gardens. *展覧会詳細は以下のページで確認いただけます / You can check the detail of this exhibition via following page, sorry only in Japanese ≫ https://176.photos/exhibitions/200703/